« 9月号 | トップページ | 10月9日 号外 »

2008年10月 3日 (金)

10月3日 号外

10月です。はえ~。

長いお休みをいただきました。貧乏症のせいか(貧乏でもある)、色々詰め込みすぎまして、感じたことを整理するのに時間がかかりました。やっと日常の脳に戻ってきました(大した脳ではない)。聞いたり、見たり、嗅いだり、食べたり、触ったり、直にいうのを大切にしたい。その先にもっと大切な部分があるような。ズキズキしたい。うまく言えないけど、必然みたいなのがたくさんあった気がします。今、そこにある。ただあるわけじゃない。心が込もった時間の積み重ね。無駄.。そうすると、たまに自然が味方になる。厳しさと共に。吉田修一さん、浅野いにおさんの著書を読んだ後のような気分(両方好き)。

お世話なった皆様に感謝。ありがとうございました。

どえりゃー、おおきに、はんなりと。

行き先

岐阜(お墓参り)→多治見(焼き物)→奈良(醤油の勉強)→兵庫(醤油、そうめんの勉強)→京都(枯山水をみる)。東京では、現代美術館、博物館(地球館)、手打ちそば教室。手打ちうどんの研究。

遊んでのか、学んでのか、よくわかりません。。。間違いなく、今後に繋がると思います。新幹線に乗ってないので、よく本を読みました。

「熊の場所」舞城王太郎、「老子」小川環樹訳、「凡人として活きるということ」押井守。

ラーメンをつくろう。必然は無理かもしれないけど、偶然はありえる。やることいっぱいあるな。閉じないよう気をつけよう。どこまで行けんのか。どこに行きたいのか(笑)。

« 9月号 | トップページ | 10月9日 号外 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事