« おはよーございます | トップページ | おはようございます »

2012年3月 4日 (日)

兎と鼈

イメージは、漢方や薬膳の方向です。1000円の“すっぴんスタイル”になると思います(松の実やクコの実、いただいた燕の巣など、少し入ります)。現在、鼈ダシをとり終えたとこです。気持ち強めに、生姜、大根の皮、酒と共に5時間ほど、甲羅の形がなくなるくらいです。明日、兎です。

麺は、外気においての熟成をさせております(3日間ほど。どうなるかな?)。鼈の血は練りこまなかっただけよしとしましょう(笑)。

元気になったらいいな~

テーマソソングはこちら

http://www.youtube.com/watch?v=WxX1JK-NQzA

余談

こういった食材を使う場合、「それは食べれない」と言われる場合があります。当然、理解できます。

生きてるすっぽんの首を落とす時、何にも感じないわけではありません。言い訳や理由づけも必要なく、「命」をいただいて生きていると強く感じる時です。通常使用する食材についても全て生きておりました。個人的には動物も植物も野生であれ飼育(栽培)されたものも同じと考えております。

表現が幼稚なことで、不快な思いをもたせてしまう場合もあるかもしれませんが、「覚悟」もって食に携わってまいりたいと考えております。

『狩猟サバイバル』 著 服部文祥 より

“深く生きたい、それが答えだ。生きるとは覚悟である。覚悟とは折れない心である。折れない心とは命あるものの掟である。人生はハッピーエンドでは終わらない。私は格好よくなりたい。私が格好いいと思うのは、体験を積み重ねた深い人間である。そして私の自意識が、自分がどこまで深くなれたのかということを表現しろと私に迫る”

自分の仕事は、とても魅力あるものです。

« おはよーございます | トップページ | おはようございます »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事